なぜサプリメントが必要?日本が抱える大問題とは?

健康・美容

なぜサプリメントが必要?日本が抱える大問題とは?

日本はあなたが思っているよりはるかに厳しい状況!

1970年代、アメリカの死因は、
1位:心臓病 2位:ガン

その2つの疾病でアメリカの医療費は
一気に増大。
(1977年には1180億ドル。
日本円にして約25兆円)

病気の蔓延でアメリカそのものが
破たんしてしまうほどの
深刻な財政危機に陥りました。

あなたは、現在の日本の医療費が
どれくらいだと思いますか?

1995年に27兆円、2005年に33兆円、
2015年には41兆円を突破!

医療費が年々増大するのに歯止めが
掛からず財政を圧迫する一方。

今後、高齢者のさらなる増加もあり
2025年には54兆円にまで
膨らむと推計されています。
 
2015年、日本の死因は
1位:ガン 2位:心臓病

これは食生活が欧米化し、
生活習慣病が増加した結果。

アメリカと同じ道を辿っていますね。

医療費 画像

出典 http://cdn-ak.f.st-hatena.com

アメリカは、その財政危機を打開するために何をしたのか?

アメリカはその財政危機を打開するため
膨大な国費を投入し病気にならないための
「予防医学」を研究。

国民の健康を促進し、病気になる人を
減らす努力をしたのです。

アメリカは、現在でも健康保険制度が
日本のように充実していません。

病気になると高額な医療費を
負担しなければならないという背景もあり
この「予防医学」は、早くから
オプティマルヘルスという考え方に発展。

オプティマルヘルスとは・・・

オプティマルヘルスとは、
「年齢ごとに最高レベルの健康状態を
保つこと」を意味します。

40代には40代の、80代には80代の
最良の健康状態があります。

その健康状態を維持するために
積極的に健康づくりに励むというのが
オプティマルヘルスの発想です。

この考え方はアメリカ国民に
広く浸透しています。

病気になって高額な医療費を払うなら
そのお金を健康促進に使い
免疫力が高く病気になりにくい
健康な状態を目指す・・・

これって日本も見習うべきでは?

深刻な日本の医療費問題、
誰かがなんとかしてくれるだろうと
思っていませんか?

私たち現代人になぜ、サプリメントが必要か?

20世紀初頭、死亡原因の上位5つは
すべて感染症でした。

インフルエンザ・肺炎・結核・天然痘・
ジフテリア・小児麻痺・・・

それらの病気で命を落とすことは、
医療が発達した現在では
ほとんど無くなりました。

しかし、20世紀の間にガン・心臓病・
脳梗塞・糖尿病などの生活習慣病が急増。

人類が作り出す合成化学物質や薬品・
公害・環境汚染などによる有害物質。

それに加え、食生活の乱れ・ストレス・
運動不足・睡眠不足・過労・喫煙など、
活性酸素を発生させる原因が
数多くあふれています。

活性酸素は細胞を酸化させ老化させます。

細胞が老化すると免疫力が低下し、
いろいろな病気を引き起こす
原因になるのです。

なぜ、サプリメントが必要か? 画像

私たちの身体には、ガンの増殖を
促進する遺伝子とガンの増殖を防ぐ
遺伝子が存在します。

そのバランスが崩れた時に
ガンの増殖が進みます。

しかし、正常な細胞の一部がガン化しても
免疫の働きが十分に発揮されれば
ガン細胞を死滅させ本格的なガンに
発展するのを防ぐことができるのです。

そのために必要なのが
「適正な種類と量の栄養素」。

私たちの身体には、毎日の食事から
摂取出来る栄養素の量よりも
多くの栄養素が必要です。

政府が定めた栄養所要量よりも、
はるかに多くの天然抗酸化食品を
摂取しなければなりません。

それを補ってくれるのが
サプリメントなのです。

カロリー過多 栄養不足 画像

私たち現代人の食生活は、
カロリー過多の栄養不足。

栄養素の乏しい加工食品・有害な環境。

生活習慣病が蔓延し、
ほとんど克服出来ない状況。

それを解決する答えが
「細胞レベルから健康になること」。

それ以外に方法はないのです。
 
そのためにサプリメント選びは
非常に重要ですね。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ